投稿者: nojyuku

今日の主役は?

今日はご主人様が久々のお休み、やっと中間テストが終わったようにゃ。今日はあたしが主役、皆よろしくね。

全国の受験生の皆、お勉強してるかにゃ?全国の塾長、塾講師の皆、大儀であるにゃ。これからは英検や会場テストもまたあるんだって。人間の学生も中々大変にゃ。あたしはここで、しっかりと睡眠をとって皆の応援のために備えるにゃ。皆一息ついたらまた頑張るんだにゃ。また土日に体育祭があった学校も!しっかり休養を取って次に備えてね!

今年も良い気候に!

全国の受験生のみんな!お勉強してるかにゃ?全国の塾長・塾講師のみんな、大義であるにゃ。いよいよ気候も良くなってきて、睡魔が襲ってくるようになったにゃ。まあ身体が慣れるまではしょうがない事も事実にゃ。春眠暁を覚えずというではないかにゃ。我輩はこのネコタワーの最上部が指定席、この場所は誰にも渡さないにゃ。おっと、受験生の皆は授業中など眠らないように。眠って良いのは猫の特権に他ならないにゃ。

みな、久しぶりにゃ。

全国の受験生の皆、お勉強しているかにゃ?全国の塾長、塾講師の皆、大義であるにゃ。ところでご主人様のお家に新しい洗濯カゴが来たにゃ。これは当然我輩も検査するにゃ。検査の結果、合格だったので、このカゴの所有権は俺様のモノにゃ。一番好きなのは、amazonのダンボールなんだけれどこれも中々いけるにゃ!

さあ、今日から所有権は俺様のモノにゃ!

東部私学の集い

本日29日は春日部キューブで恒例の東部私学の集いがありました!会場の各高校のブースは熱心な保護者・受験生の列ができていました。先日にも記しましたが、受験に早くから関心を持つことは決して悪い事ではありません。そしてまだまだ受験校に遠慮することもありません。なぜならこれから!なのですから。本年度も受験生の皆さんの、これからの頑張りに期待します!

私立高校の各ブースには長蛇の列が。

全ての参加私立学校説明会には、ほぼ満席の600名の受験生・保護者の皆さんで埋まりました!今日は祝祭日でしたが、それぞれの学校のパンフレットを貰ったり、ブースで直接高校の先生方とお話が出来たりと、皆さん有意義な時間を過ごされた事と思いました。

連休明けに!

なんと10日からテストの中間テストの中学が。よって今年はGWもクソもない、休みは数日だけでもちろん平日は通常通り授業(試験対策である)。それにしても教科書もどの教科も殆ど進んでいなので、お決まりの前学年の総復習で全範囲が試験範囲に。やれやれまたである。まあどうしても行事日程優先の結果だね。GWが終了すると季節は春から初夏へ、下の写真は最後の春の名残の八重桜である。さあ、GWも試験対策を頑張らないと!

塾長研修

先日の日月は栃木県のとある場所で、地域の塾長研修があった。岩佐先生のお話では、『特に英語は大事、もちろん英検も!』だった。また東京都の私立就学支援金のお話も。いつもながら大事な講演だった。その後の二次会では腹黒い面々(嘘です!)が集まった部屋でとぐろを巻きながら一献。色々な話が飛び交う研修会だった。こんな会話が本当に有益なのである。ちなみに下は駅に居た蒸気機関車である。

帰路は時間の関係で春日部まで特急リバティで。さあ、今週も頑張るぜ!!

どこ早の会・終了

先日越谷市民会館にて、どこよりも早い高校入試の話 会が催行されました。1部の講演は教学館・木下塾長の入試の話、そして塾長の私の、『将来と未来を考えよう。』の話を。またミニミニ学校紹介は、佐野日大さん、京華学園さん、北豊島さん、国学院栃木さん、県立久喜高校さん、千葉の昭和学院さん、武蔵野星城さんの各学校さんが本当に限られた時間でしたが、学校紹介をしていただきました。また2部は元開智未来・関根先生の勉強が好きになる・スーパーな私になる!の公演もいただきました。それぞれの中身が濃いあっという間の3時間でした。ご協力頂いた各学校様、そして会場運営の皆様、出席ただきました保護者及び受験生の皆様、本当にありがとうございました!この場を借りて、厚く御礼申し上げます!

こちらは各学校の学校説明の様子です。(写真が多いため抜粋です。ご了承ください。)

下は元開智未来校長の関根先生の講演です。皆さん真剣に耳を傾けていました。

高校受験の事を考え始めるのに、時期が早いという事はありません。また備えあれば憂いなしとも言います。帰り際挨拶を交わした保護者の皆様、受験生のみんなの表情が清々しい表情が、特に印象に残ったイベントでした。

西の空は明るいか?

今日小学5年生の英語の時間の後に、ふと女子と雑談。その時に『国歌なんて習ってないものを歌わせるんだもの。びっくりしちゃった!』と本人。塾長は滅多にこんなテーマについては書き込みをしないが。

びっくりしたのはこちらである。何?最近は小学校高学年にならないと、君が代は教えないの?また最近はどこの卒業式も仰げば尊しなんぞ歌わないようである。塾長が先日出席したある高校の入学・卒業式ではきちんと皆斉唱していたがね。(最近は小・中は旅立ちの歌に代わっているらしい)今の『それは時代にそぐわないから。』なのだろうか?そのうちオリンピックでメダルを獲得してもそのシーンを見て、皆が『この歌、何?』となる日がやって来るのかな?小学校の教師をしている卒塾生をつかまえて聞いてみようと思う。

遠くの空が、それも明日に向かう西の空が明るいのはいい。なぜって明日への希望が感じられるからである。どこかの政党のキャプションではないが、希望が満ち溢れる空というのもあると思う。

日本中がそんな空になるのは、いつの日だろうか?そんな日が来ることを祈るばかりである。